トップ 訪問看護を受けるには料金はいくらかかるの?

[ここから本文]

訪問看護を受けるには料金はいくらかかるの?

介護保険の場合

◎訪問看護、介護予防訪問看護にかかった費用の1割、または所得によって2割が利用者負担となります。(1単位10円)

1.基本利用料(1回につき) 

H27.4.1 適用

区分 基本単位等
(看護師による訪問の場合) 
訪問看護T 1  20分未満 316単位
訪問看護T 2  30分未満 469単位
訪問看護T 3  30分以上60分未満 820単位
訪問看護T 4  60分以上90分未満 1123単位
   
(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による訪問) 
訪問看護T 5  20分未満 308単位

(備考)
※基本単位にはサービス提供体制強化加算(6単位を含む)
※准看護師の場合は上記料金の9割とする
※理学療法士等が1日2回(40分)を超えて訪問する場合は上記料金の9割とする
※早朝(6:00〜8:00)夜間(18:00〜22:00)は上記料金の25%を加算する
 深夜(22:00〜6:00)は上記料金の50%を加算する

2.加算利用料

区分 サービス内容 基本単位
初回加算 初回の訪問看護を行った月 300単位
緊急時訪問看護加算
(月1回)
24時間体制で看護に関する相談を希望される方
必要に応じ訪問看護を行う
540単位
特別管理加算 T 対象者は下記 ※1の利用者 500単位
U 対象者は下記 ※2の利用者 250単位
ターミナルケア加算
(最終利用月)
死亡日及び死亡日14日以内に2日以上
ターミナルケアを実施した場合
2000単位
複数名訪問看護加算 看護師・准看護師等が2名で訪問した場合(同意書必要) 30分未満 254単位
60分未満 402単位
退院時共同指導加算 主治医等と連携し在宅生活における指導を行い内容を文書で提供した場合 600単位

※1
@悪性腫瘍患者・気管切開患者で、医師より指導管理を受けている状態にある方
A気管カニューレ、又は留置カテーテルを使用している状態にある方

※2
@自己腹膜かん流・血液透析・酸素療法・中心静脈栄養法・成分栄養経管栄養法・自己導尿持続陽圧呼吸療法・自己疼痛管理・肺高血圧症患者で、医師より指導管理を受けている状態にある方
A人工肛門・人工膀胱を設置している状態にある方
B重度の「真皮を超える」褥瘡がある方
C点滴注射を週3日以上行う必要があると認められる状態にある方

※定期巡回・随時対応型訪問介護看護の連携型のサービス料金は担当のケアマネジャーへご相談ください

死後の処置料 実費:10,000円+消費税
日常生活上必要な物品 利用者の選択・希望により必要な物品を提供する場合は実費を頂きます。

 

医療保険の場合

◎75才以上の方:訪問看護療養費の1割又は3割(現役並み所得者)が利用料になります。
◎70才以上75才未満の方:訪問看護療養費の2割又は3割(現役並み所得者)が利用料になります。
◎70才未満の方:訪問看護療養費の3割)が利用料になります。(6才未満は2割)

 

1.訪問看護基本療養費

    週3日目まで
1日につき
週4日目以降
1日につき
基本療養費(T) 看護師・理学療法士・作業療法士 5,550円 6,550円
准看護師 5,050円 6,050円
緩和ケア・褥瘡ケアに関る専門の看護師 12,850円(月1回を限度)
基本療養費(U)
(同一建物居住者への訪問)
※1
看護師・理学療法士・作業療法士 2,780円 3,280円
准看護師 2,530円 3,030円
緩和ケア・褥瘡ケアに関る専門の看護師 12,850円(月1回を限度)
基本療養費(V) 外泊中の訪問看護に対し算定(※2 8,500円

※1 同一建物内の複数(3人以上)の利用者に同一日に訪問した場合
※2 入院中に1回(別に厚生労働大臣が定める疾病等は2回)に限り算定可能

2.訪問看護管理療養費(機能強化型訪問看護管理療養費1)

@月の初日 - 12,400円
A2日目以降 1日につき 2,980円

3.加算など

@緊急訪問看護加算 1日につき 2,650円
A難病等複数回訪問加算  1日2回 4,500円
1日3回以上 8,000円
B長時間訪問看護加算 90分を超える場合(対象者は※1 5,200円
C24時間対応体制加算 月1回 ※利用者の希望により 5,400円
D退院時共同指導加算 月1回まで・厚生労働大臣が定める疾病等の利用者は2回可 6,000円
E特別管理指導加算
(Dに上乗せ)
厚生労働大臣が定める疾病等の利用者 2,000円
F退院支援指導加算 退院日の訪問 6,000円
G在宅患者連携指導加算 月1回 3,000円
H在宅患者緊急時カンファレンス加算 月1回 2,000円
I特別管理加算  月1回(対象者は※2 5,000円
月1回(対象者は※3 2,500円
J情報提供療養費 月1回 1,500円
Kターミナルケア療養費 1回 20,000円
L乳幼児加算(3才未満) 1日につき 500円
M幼児加算
(3才以上6才未満)
1日につき 500円
N複数名訪問看護加算  看護師等の場合 ※4 4,300円
准看護師の場合 3,800円
O夜間・早朝・深夜加算  早朝(6:00〜8:00)
夜間(18:00〜22:00)
2,100円
深夜(22:00〜6:00) 4,200円

※1

1)人工呼吸器を使用している状態にある方

2)特別訪問看護指示期間の方

3)特別な管理を必要とする方 (※2 ※3)

※2

1)悪性腫瘍患者・気管切開患者 
  上記で医師より指導管理を受けている状態にある方

2)気管カニューレ又は留置カテーテルを使用している状態にある方

※3

1)自己腹膜かん流・血液透析・酸素療法・中心静脈栄養法・成分栄養経管栄養法・自己導尿

人工呼吸・持続陽圧呼吸療法・自己疼痛管理・肺高血圧症患者

2)人工肛門・人工膀胱を設置している状態にある方

3)重度の褥瘡「真皮を超える褥瘡」の状態にある方

4)在宅患者訪問点滴注射管理指導料を算定している方

※4

看護師等(看護師・保健師・助産師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)

4.精神科訪問看護基本療養費

詳しい料金表については訪問看護ステーションにご相談ください。

在宅での療養を希望される方、介護に不安のある方、お困りごとがある場合、
わからない事がありましたら、遠慮なく訪問看護ステーションにご相談ください。

訪問看護に関する相談日を設定しています。

毎週水曜日 午後13時〜17時
南砺市民病院、時間外受付より入って右側・デイケア手前
※お越しになる前に出来るだけ連絡を頂ければ幸いです。

電話での相談は随時行っております。
電話番号:0763−82−7775
FAX番号:0763−82−7776

お問い合わせフォーム

> 訪問看護は誰が来てくれるの?